徳島ラーメンの種類

徳島ラーメンはスープの色に応じて、白系、黄系、茶(黒)系の3タイプに分けられます。

徳島ラーメンの種類は3タイプ

徳島ラーメンの白系、黄系、茶系ですが、それぞれ使用する材料や調味料が異なります。白系は豚豚骨スープに薄口醤油、黄系は鶏ガラに薄口醤油、茶系は豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油を加えて調合されています。徳島ラーメン発祥の地である小松島のラーメン店では先代より白系が提供されています。

我々がイメージする徳島ラーメンと言えば、何と言っても豚骨醤油ベースの茶(黒)系ですね。90年代後半、新横浜ラーメン博物館に黒系の徳島ラーメンを持ち込んだことがきっかけで、やがてこの黒系が徳島ラーメンのスタンダードとして全国に知れ渡るようになりました。